知ってよかった!住まいの知識

住まいづくり・住まい選びの基本情報住まいづくりの費用

住まいづくりに関する費用は、大きく分類すると、土地購入費、建設費・設計費、諸経費に分類されます。自分が希望する地域の土地の価格や建設費の相場を把握しておきましょう。

土地の価格は国税庁等から出されている「路線価」等で相場を調べることができます。建設費については、構造の違いや建築地域、仕上げや設備の内容等によってばらつきがあるため、建設費・設計費は設計事務所や住宅メーカーにたずねてみましょう。また、不動産の取得や登記手続きなどに応じた諸経費が必要です。

不動産の取得や所有に関する諸経費

不動産を取得したり、所有する際には、諸経費として税金、登記費用等さまざまなお金が必要となります。土地購入費、建設費・設計費の15%から20%ほど余裕を持って資金計画を考えたいものです。

税金

1.不動産取得税

不動産の取得の際にかかる県税です。

2.登録免許税

不動産に関する登記(変更、抹消等を含む)の際にかかる国税です。

3.印紙税

契約書などに印紙を貼付消印して納付する国税です。
契約書に記載された金額に応じて税額が決められています。

4.固定資産税

土地、家屋等の不動産を所有している時にかかる市町村税です。

5.都市計画税

都市計画区域内(原則として市街化区域内)に不動産を所有している時にかかる市町村税です。

諸費用

1.登記費用

登記を司法書士に依頼する場合は、司法書士へ支払う手数料(報酬)等があります。

2.固定資産税相当額清算金

通常日割計算した固定資産税相当額を清算する場合もあります。

3.仲介手数料

不動産会社を通して家の売買をする場合に、その報酬として支払います。
400万円を超える場合、売買の仲介報酬は成約価格の3%+6万円が上限額です(消費税相当額別途)。

4.ローン関係

ローン保証料、ローン手数料が必要となります。

5.その他

各種保険料のほか、引越費用や共同住宅の場合の共益費や管理費、修繕積立金、駐車場使用料などが必要です。

ページの先頭へ戻る