知ってよかった!住まいの知識

安心への5つの備えとプラス1のある家

ゆとりある住まいとは

文:笠嶋 泰(大同大学名誉教授)

それぞれのゆとりある住まいの概念図日本の住宅の大きさは、アメリカには及びませんが、イギリス、フランス、ドイツなどと既に肩を並べるほどになっています。

また、最近まで家族人数に応じた個室のある住宅を持つことが日本の住宅の目標とされてきましたが、この目標も多くの住まいで既に一般的になりつつあります。

今日では、それぞれの家族がそれぞれの家族らしく暮らし、その住まいもその家族らしいものが求められる「ゆとりある住まい」が求められています。

しかしこの豊かさとは裏腹に、大地震や室内環境汚染、さらに、住宅への不法侵入などの物騒なニュースが新聞を賑わせています。「安心」に対する備えが不十分な状態では、落ち着いた「ゆとりある暮らし」ができません。

ゆとりある住まいってなんだろう本書では、このことを踏まえ、「安心」に対する備えとして①「地震に強い家」、②「ドロボウに強い家」、③「環境にやさしい家」、④「人にやさしい家」、⑤「長く使い続けられる家」の5つを掲げ、この5項目に加え6つ目の項目として⑥「プラス1のある家」を掲げ、「ゆとりある住まい」としました。以下に具体例を紹介しますので、是非参考にし、「ゆとりある住まい」を楽しんで下さい。

ページの先頭へ戻る