知ってよかった!住まいの知識

住まいづくり・住まい選びの基本情報大切な住まいを「危険な空き家」にしないために

増え続ける空き家

空き家数及び空き家率の推移

総務省が実施した「住宅・土地統計調査」(2013年)によると、総住宅数の13.5%にあたる約820万戸が空き家となっており、今後、さらに増加すると予想されています。

空き家の中には、適正な管理がされておらず、周辺の住環境に悪影響を及ぽすものもあり、社会問題となっています。そのため、空き家を適正に処分したり、利活用を図ったりする取り組みが必要です。そして、何よりも現在の住まいを空き家にしないことが重要となります。

大切な住まいを空き家にしないためには、どうすればよいでしょうか。

家を相続したら

空き家を取得した経緯の半数以上は相続です。相続する前から空き家であったり、直前まで被相続人(相続前の所有者)が住んでいたりと様々な状況が考えられますが、相続した家が空き家であれば、その家をどうするかを考えなければなりません。空き家の所有者(管理者)には、空き家を適正に管理する責任があり、空き家が原因で第三者に損害を与えた場合には、賠償しなければならないことがあります。空き家の管理を自らで出来ない場合には、以下についてご検討ください。

売却する
将来にわたって利用の予定が無ければ売却(譲渡)するのも1つの選択肢です。一定の要件を満たした上で譲渡した場合に、税制上の優遇措置が受けられる場合があります。

Information

「被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除の特例」について知りたい方はこちらを参照

貸し出す
所有しつづけたいと思われる場合には、貸し出すのも1つの手です。将来利用したいときに返ってくるように、期間を限った賃貸契約(定期借家契約)を利用する例もあります。
管理代行サービスを利用する
所有者に代わって、有償で空き家の管理を行うサービスもあります。

広がる空き家対策の取組み

自治体や関連団体における空き家対策の取組みが広がっています。ここでは、その一例を紹介します。

空き家バンク制度
空き家の所有者と空き家の利用希望者とを市町村等が間に入って紹介する「空き家バンク制度」が、県内では下記の市町村で運営されています。

豊橋市、瀬戸市、春日井市、豊田市、蒲郡市、犬山市、新城市、日進市、田原市、南知多町、美浜町、設楽町、東栄町、豊根村(平成29年4月時点)

空き家除却費・改修費補助制度
空き家を除却(取壊し)したり、改修したりする際に、補助金を支給している市町村もあります。補助の要件などは、市町村により異なりますので、空き家が所在する市町村にお問い合わせください。

Information

「市町村の助成制度」について知りたい方はこちらを参照

その他
住みかえを支援するために、シニア(50歳以上の方)のマイホームを借上げて転貸し、安定した賃料収入を提供する。「マイホーム借上げ制度(移住・住みかえ支援機構)」や「ふるさと納税による空き家管理代行サービス(犬山市、稲沢市)」など、所有者の多様なニーズに合わせた取組みもあります。
広がる空き家対策の取組み
ページの先頭へ戻る