知ってよかった!住まいの知識

シックハウスにご用心

室内で、目がチカチカする、頭が痛い、アレルギーがひどくなったなどという経験はありませんか?これらは、室内空気環境が関係している可能性があり、その場合は「シックハウス症候群」と呼ばれています。

「シックハウス」問題の原因はなに?

「シックハウス」問題の原因はなに?

ホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC:Volatile Organic Compounds)と呼ばれる化学物質が健康影響を引き起こすおそれのある有害物質です。建築材料や家具などに含まれる有害物質が揮発して室内空気を汚染することがあります。

家を建てたり借りたりするときの注意点

・化学物質を抑えた建材・接着剤を使用した住宅を選ぶ
・刺激臭を感じる物件は避ける

日常的にできる身近な室内空気汚染対策

換気

まず「換気」に配慮しましょう。特に冷暖房のために窓を閉め切る夏や冬は、換気を心がけることが大切です。春や秋などでも温度が上がると有害物質が発生しやすくなるので、換気を心掛けて下さい。

発生源の除去

家具、カーテン、衣類なども汚染の原因となることがあります。また、塗料や芳香剤など、汚染源となる生活用品の過度な使用は避けましょう。

シックハウスについて(愛知県HP)

ページの先頭へ戻る