各種イベント・コンクール

ゆとりある住まい講演会

愛知ゆとりある住まい推進協議会では、ゆとりある住まいを推進する活動の一環として、生活の豊かさを実感できる「ゆとりある住まいづくり」について、広く県民の関心を高めるため、ゆとりある住まいについての講演会を開催します。

第31回

第31回 ゆとりある住まい講演会のお知らせ 講師:中村好文

講演会名 第31回 ゆとりある住まい講演会
日 時 令和元年10月24日(木)
(開場:12時00分)13時00分~16時00分
スケジュール 開場:12時00分
第1部:13時00分「すまいる愛知住宅賞」表彰式・入賞作品の紹介
第2部:14時30分「ゆとりある住まい講演会」
終了予定:16時00分
場 所 名古屋市中区役所ホール
名古屋市中区栄四丁目1番8号(地下鉄「栄」駅12番出口から徒歩1分)
※会場へお越しの際は、公共交通機関をご利用下さい。
参加人数 定員500名
定員になり次第締め切ります。
料金 入場無料
演 題 住み継ぐ住まい
講 師 建築家 中村好文 氏
プロフィール 1948年千葉県生まれ。1972年武蔵野美術大学建築学科卒業。アトリエ設計事務所勤務のあと、都立品川職業訓練校木工科で家具製作を学ぶ。
‘76~‘81年、吉村順三の家具デザインの助手を務め、‘81年吉村順三設計事務所退所後「有限会社・レミングハウス」を設立。以来、一貫して時流に流されない独自のスタイルの住宅と家具を造り続けている。
‘87年『三谷さんの家』で第1回吉岡賞、‘93年「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。学生時代から伊丹十三のエッセイを愛読し、多大な影響を受けたことがきっかけとなり、2007年「伊丹十三記念館」の設計を担当。
建築家/家具デザイナーとしてだけでなく、40代の後半から執筆活動にも意欲的に取り組み、建築物や暮らしに対するきめ細やかな観察力から生まれる軽妙洒脱な文章を綴るエッセイストとしても知られている。現在、多摩美術大学環境デザイン学科客員教授。
主な著書 『住宅巡礼』『住宅読本』『意中の建築 上・下巻』(新潮社)、『住宅巡礼・ふたたび』『パン屋の手紙』(筑摩書房)、『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』『集いの建築、円いの空間』(TOTO出版)、『暮らしを旅する』(ベストセラーズ)、『湖畔の別荘・設計図集』(エクスナレッジ)、『小さな家の物語』(平凡社)など
お申し込み方法

※FAX・携帯電話からの聴講申し込みはこちら。
リーフレット(PDFファイル)

 

インターネットからのご応募はこちらから。
第31回 ゆとりある住まい講演会 聴講WEB申し込み

第30回

平成30年10月25日
「断捨離」心地よく豊かに生きる
やましたひでこ 氏
一般財団法人 断捨離® 代表/クラターコンサルタント

第29回

平成29年9月28日
「心地よいインテリア」のつくり方
~丁寧に豊かに暮らす10のアイデア~
下田 結花 氏
ハースト婦人画報社『モダンリビング』パブリッシャー(発行人)

第28回

平成28年10月27日
『住まいの空間価値を高める カラダとココロのインテリア“Active Care®”
~医療とインテリアから生まれた、“健康”を育む空間づくり~』
尾田 恵 氏
株式会社 菜インテリアスタイリング 代表取締役/インテリアデザイナー

第27回

平成27年10月22日
『初めてでも失敗しない!女性目線のDIY・リノベーション術』
坂田 夏水 氏
(株) 夏水組 代表

第26回

平成26年10月23日
『幸せを引き寄せる片づけのすすめ』
吉川 永里子 氏
収納スタイリスト
ページの先頭へ戻る