知ってよかった!住まいの知識

住まいに関する表彰作品のご紹介第29回すまいる愛知住宅賞
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会・中部経済新聞社

ゆとりある住まいづくりを推進するため、愛知県内で竣工した住宅で、人や地域にゆとりと安らぎを与える工夫がなされた住宅を表彰しています。(敬称略)

講評:審査委員長 早稲田大学教授 古谷 誠章

審査委員長をお引き受けして9回目となり、一次審査を公開とする形式、審査会後に審査員と応募者による意見交換会も定着して来ました。応募作品の質が年々向上し、受賞者がますます活躍しているのを見ることは審査員としても大きな喜びです。

今年はさらに一段と作品の多様性が増したのが特徴です。また、以前は数が限られていた集合住宅や、リノベーションによる佳作も数が多くなりました。多様な住まい方が求められていることの表れだと感じます。

今年の愛知県知事賞と愛知県森林協会長賞を受賞した《まちに架かる6枚屋根の家》は、その中で斜面住宅地の独立住宅という、どちらかと言えば典型的な立地にありながら、敷地を囲う擁壁を造らず、間口の広い敷地と道路の境界を緩やかな緑化法面として良好な町並みへの極めて重要な貢献をしています。住宅の存在感を6枚屋根によって細分化したことと合わせて、優しい表情が生み出されています。

名古屋市長賞の《庭のあるシェアハウス》は、単なる集合住宅の一歩上をいく良質な共同居住のあり方を模索しており、それぞれの個の住まいと「シェアされる暮らし」のバランスを、見え隠れする微妙な空間の凹凸と、綿密なオペレーションにより実現している点が注目されました。

もう一つの集合住宅《cocoon》は、賃貸住宅であるにもかかわらず、周囲の町並みとも共存するグレードの高いデザインが施され、棟間の隙間を巧みに自然光の導入に活かすなど、優れた設計の手腕を感じます。また集合住宅ではありませんが、親子の二世代三人が個のスペースをそれぞれに持ち、かつ互いの気配を付かず離れずに結ぶ《間の間の家》も、新しい住まい方を試行するもので興味深いと思いました。《光洞の家》の外部からは窺い知れない内部空間の完成度の高さ、《光庭の棲》の内外の空間をつなぐ大胆な試みも、それぞれとても印象的です。

愛知県知事賞/愛知県森林協会長賞まちに架かる6枚屋根の家

設計者/studio velocity 一級建築士事務所
栗原 健太郎・岩月 美穂

まちに架かる6枚屋根の家 1 まちに架かる6枚屋根の家 2

詳しくはこちら

名古屋市長賞庭のあるシェアハウス

設計者/鈴木崇真建築設計事務所 鈴木 崇真
諸江一紀建築設計事務所 諸江 一紀

庭のあるシェアハウス 1 庭のあるシェアハウス 2

詳しくはこちら

住宅金融支援機構 東海支店長賞間の間の家あいのまのいえ

設計者/MARU。architecture
高野 洋平・森田 祥子

間の間の家 1 間の間の家 2

詳しくはこちら

UR都市機構 中部支社長賞cocoon

設計者/佐々木勝敏建築設計事務所
佐々木 勝敏

cocoon 1 cocoon 2

詳しくはこちら

愛知県住宅供給公社 理事長賞光洞の家こうどうのいえ

設計者/西口賢建築設計事務所 西口 賢
岩間建築設計事務所 岩間 昭憲

光洞の家 1 光洞の家 2

詳しくはこちら

名古屋市住宅供給公社 理事長賞光庭の棲ひかりにわのすみか

設計者/(株)エムエースタイル建築計画 川本 敦史・川本 まゆみ

光庭の棲 1 光庭の棲 2

詳しくはこちら

すまいる愛知住宅賞について、詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る