知ってよかった!住まいの知識

住まいに関する表彰作品のご紹介平成28年度 わが家のリフォームコンクール
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会・中日新聞社・中部経済新聞社

ゆとりある住まいづくりにつながる住宅リフォームの普及・促進を図るため、リフォーム工事の水準向上に寄与し、今後の増改築の参考となる優秀な事例を表彰しています。(敬称略)

審査委員長:中部大学准教授 松山 明

すまいる愛知賞 愛知県知事賞永く暮らせる家

設計者/(有)アトリエ後藤建築事務所 後藤 文俊

永く暮らせる家 1築148年と代々受け継がれた住まいを将来や祖母の車イスでも生活がしやすい様に全面改修を耐震改修も含め行った。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 名古屋市長賞瑞穂のリノベーション

設計者/(株)建築士事務所エクリアーキテクツ 海藤 洋・薮下 恵理

瑞穂のリノベーション 1 「とにかく広々と生活したい」というご要望とは裏腹に、リノベーションには不向きとされる壁式構造であった。面積は122㎡と拾い物の撤去できない壁と低く垂れ下がる梁に囲まれた個室が連なっていた。そこで、大空間は作れなくても、いくつもの性質の異なる空間をパーソナルなボリュームで連ねることで、居場所をいくつも作り広々と過ごすことができる住宅を作る事にした。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 (独)住宅金融支援機構東海支店長賞家にいることが楽しくなる家

設計者・施工者/ファイン緑丘 平井 真弓

家にいることが楽しくなる家お子様の自立を機にこれからの人生をより楽しめる家造りを考えた。至る所にご夫婦のコレクションをディスプレイできるギャラリーのような空間を造り、好きなものに囲まれた暮らしを実現。同時にお母様や将来のために動線をシンプルにし耐震補強もした。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 (独)都市再生機構中部支社長賞Japanese Modern 視線と風が通り抜ける住まい。

設計者・施工者/トヨタホームリフォーム(株) 川瀬 孝治

Japanese Modern 視線と風が通り抜ける住まい。4つの空間(和室×2、DK、洋室)を2つの空間に整理し、解放感を持たせた。玄関から南のベランダまで風が通り抜け、引き込み戸により可変性を持たせた。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 愛知県住宅供給公社理事長賞北欧テイストに包まれたココチのいいとっておきの暮らし方

施工者/(株)レオック 田原かや町店 中村 尚志

北欧テイストに包まれたココチのいいとっておきの暮らし方 1母屋の建て替えを断念して、敷地内に建っている離れを若夫婦が自分たちの好きなスタイルで楽しく暮らす為のリフォームをした。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 名古屋市住宅供給公社理事長賞kazoku no WA

設計者/(有)タイプ・エービー 伊藤 孝紀

kazoku no WA築14年の木造戸建のリフォーム計画。「わ」のある暮らしをテーマに、(1)会“話”が弾む環境づくり、(2)“輪”を描く無駄のない動線計画、(3)“和”の雰囲気を感じるしつらえ、という3つの工夫を施し、世代を越えたつながりや家族の「きずな」が自発的に生まれる住まいを目指した。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 佳作空間を繋ぐ、世代を繋ぐ、そして家族の未来へ繋げる

設計者・施工者/アイシン開発(株)「アイシンリブラン」 大岩 俊一

空間を繋ぐ、世代を繋ぐ、そして家族の未来へ繋げる8畳2間、6畳間、廊下・広縁をまとめて大空間リビングに、別棟で今まで使っていた祖母の洋裁店をプライベート空間に設計。今まであった渡り廊下を子供たちのスタディールームに、外構をテラスにして、家族がふれあいのもてる空間を演出した。

詳しくはこちら

すまいる愛知賞 佳作光と風の散歩道。 ぐるっと回遊できる住まい。

設計者・施工者/トヨタホームリフォーム(株) 川瀬 孝治

光と風の散歩道。 ぐるっと回遊できる住まい。同然と風、光の通り道を意識してプランニングをした。狭く感じていたキッチンを使い勝手よく特別な空間とし、南免を全面的にリビングとすることで、家族のふれあいを意識した。

詳しくはこちら

わが家のリフォームコンクールについて、詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る